誰かと会うときや仕事の時にはにんにく料理は食べるのはよくないということは常識的なことだと思うのですが、時間がたっていてもすごく臭うことがあります。ニンニクを食べた後の口の臭いというのは口の臭いだけではなく、胃からニオっているみたいで、その中にある限りにおいが消えないのです。いっぱい口の匂いを消す為のものが販売されていますが、あんまり効果がないような感じです。

随分前にニンニク料理を食べた人と同乗したのですけど、大変な思いをしました。初めはあまりの臭さにひょっとしてワキガかな?なんて思いましたが、たまにその方と接するのですがそういう臭いはしなかったのでそれはないなと思いました。実際は葫の臭いだったのです。自分もにんにくが好きですから、にんにくの香りはイヤではありませんがおそらく胃の中からさまざまな食べ物が混ざり合ったにおいというのは真剣に厳しかったです。

生のお米を噛むと消えるとか、パセリを食べると消えるとかいろいろと対処法はありますが、まわりの人達を不愉快にさせない為にも、多く摂取しないようにする事と、人に会わなきゃいけない時とか大蒜を控えるようにした方がいいと思います。

電車で隣り合わせた方の臭いが気になったのです。ワキの臭いではなく、足臭いという訳でもなく言うなれば口臭といったところでしょうか。ご飯のニオイはすごく美味しそうだったのかもしれませんが、食べてから胃の中に入り消化しだすと、すぐに臭いニオイに変わるっていうこともあると思います。多分その人的にはニンニクを食べたわけではないし大丈夫だろうと落ち着いているのかもしれませんが、実際は違います。

それから、体臭ではなくニオイがしみ込んでいると言った方がいいかもしれないのですが、家のにおいがするのです。自宅では寝るだけ、空気の入れ替えをしなかったら空気がどんよりとしてお家の空気もなんとなく湿っぽい臭いになります。そこにずっとある服やタオルなどにはその臭いが染みついてしまうでしょう。電車の中なのに周辺から何方かの家に居るようなニオイが漂うのです。

いずれにせよ、当の本人は感づいていないのか平気な顔です。気づかないまま自分もそうなってしまわないように臭わないように注意したいと思います。

電車通勤のみなさん、とりわけ女性の暑い時期の満員電車はキツイですよね。周辺の汗臭も気になったりしますが、自分のニオイに関しても懸念するところです。自分自身は若いころからよく汗をかくので、真夏の暑い時期じゃないけど自分だけ汗が出ていたり、夏場は冷房がついている場所にいても、いっつも自分だけ汗をかくのです。

だからでしょうか、わきの汗も酷くて、学生のころから脇汗を吸収するシートをお母さんに買ってもらって、制服などに貼っていたのです。それだけ汗をかくわけですから、当然臭いもすごいわけです。多少の汗なら問題は無いのですけど、夏のように外にいるだけで汗をかく季節になると、私のわきから汗が流れているのです。洋服が黄ばむのは勿論心配ですけど、私としては匂う方が心配です。

制汗スプレーを1時間おきにつけるようにしたり、制汗シートで首元や足を、みんなにコソコソ隠れて拭くようにしています。夏場はこうしてなんとか持ちこたえているという気はしますが、もっと良いやり方はないのかななんて思います。

普段から、フィットネスジムに行くのですけど、ときたまめぐり合ってしまうのはサイアクなロッカー。受付でロッカーキーを受け取りロッカーの扉を開けた瞬間汗臭いにおいが漂っていることがある。運動する前に気力がなくなってしまうことも…。

年配の方が多数いるトレーニングジムだからしょうがないとは思うが、「係りの人、掃除のついでに消臭剤で臭いを消してほしいな」、と思ったりする。あなたも同じじゃないの?なんて言われないように日頃から注意している、やはり加齢臭には気を付けているが、発生場所は首のあたりと耳の裏側じゃないかと思う。まくらを確認すれば分かるはず。お風呂では耳の後ろから首周りはしっかりと流すようにしている。

汗をかかない季節はそんなに気にならないが日に日に汗をかく季節になってくると用心しないと。ジムではウエイトトレーニングをするので、誰かに補助を頼むこともあるので相手に不快な気分を与えないようにトレーニングの前にはシャワーを浴びている。これもマナーじゃないかな?何をするにも気が休まらない世の中ですよね。

>>すそわきがクリーム おすすめ