女の人たちは美容という言葉に弱いので、美容に良いといわれると目を輝かせる傾向があるのです。特に食に関する事です。くだもののダイエットやヨーグルト、それにローフードと次々と女性誌の話題を賑わします。美容といえば美肌や細身の体系をイメージしがちではないでしょうか。当然ダイエットで体重維持をすることも美容とかかわりがあるのです。なぜかというと美容は容姿を美しくすることですから。私の場合も前は色々なダイエット法を試したことがあります。そこまで極端なやり方をしたわけではありませんが、試しにローフードと呼ばれるものを食べていた事があったのです。

昔から肉嫌いでお肉を食べない食生活だったので苦通に感じるような事はなかったのです。けれどもだんだん飽きてきて普通の食事に戻しました。方法が間違っていたのかもしれませんが、ローフードだけだったときは貧血気味だった時もありました。現在はごく普通の食材ですが、野菜を多くして煮魚などをごはんに合わせて食べています。朝はシリアルにバナナなどの果物を入れ豆乳をかけています。あたたかいスープがある時は一緒に飲んでいます。いろいろ食べる事が今は楽しいので、体も調子が良いです。それに加えて毎日夜にストレッチ体操をして体を柔らかくすることに努めています。単純なストレッチですがいつも行っています。それから極力PM8時以降に食事はしません。美しいスタイルは皆が求めている事ですが、あくまでも美容は健康第一でなければいけないと思います。

ストレスがたまると肌や体型にもあらわれてしまいます。にきびができたり、お腹が張ったりしてこれが体重増加の元にもなるからです。また、憂さ晴らしに食事で逃れようとする人もいますが、これは「肥満」を促進させているだけでなんの解決にもなりません。それがかえって、ストレスの悪循環になってしまうこともあるのです。それでは、どんなストレス発散法が持って来いかというと体操をしてみたり、サロンや美容院でキレイにしてみたりやりたい事を思いっきりエンジョイするという事が最も良い気分転換のやり方です。言うまでもなく、アロマオイルの活用して気持ちをほぐすのもストレス解消方法になっています。

人によって違いはありますが、体を動かしたりくつろぐとモヤモヤも吹き飛んで晴れやかな気持ちになって気分転換出来るという風になります。ストレスがたまったと思ったら体操をしたり癒されたりすることで気が晴れて、一層美容面でもいい結果をもたらすことになります。精神的につらくなったら食べて解消するのではなく、体操をしたり息抜きをすることで気持ちを整えることが最適の方法です。

電車でしたたる汗。。。この汗に悩ませれた人は私だけではないはずです。この電車でしたたる汗のシーズンは二つ。まず一つは、寒い冬。冬に外が寒いからたくさん着込み、そのまま暖房ガンガンの車内に入ったときです。この時さらに追い打ちをかけてくるのが、他の乗客の視線です。なんでこんな寒い時期に汗垂れてるの?と疑問のような、軽蔑のような視線を浴びると、おかしなことに汗がより噴き出してしまう。

そして、もう一つのシーズンは夏。夏は冷房がかかってるから大丈夫そう、と思う方は電車汗に悩まされる人の心をわかっていないです。時間に追われている時など、ほんの少し小走りで駅に向かいます。なぜだか夏は動いている間は汗が出ない。そして、車内に入って一息ついたとたん。。。そうです。汗が流れ始めるのです。本当に汗をかいているのを見られるのは恥ずかしいです。
この文章を読んでくれた人は、そんな恥ずかしい悩みを持っている人もいると思って、無関心で、じろじろ見たりしないでくださいね。

>>顔汗用制汗剤 ランキング